Skip to main content
  1. ヒートベッドの組み立てに必要なラジオペンチ
    • ヒートベッドの組み立てに必要なラジオペンチ

    • M3 ネジ 向けの 2.5mm 六角レンチ

    • ヒートベッドの調整向けの 2mm 六角レンチ

  2. 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください: ヒートベッド MK52 24V (1枚)
    • 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください:

    • ヒートベッド MK52 24V (1枚)

    • 電源ケーブル (1本)

    • M3x10 ネジ (2本)

    • M3/3,2/9/0,8 ワッシャー (2枚)

    • M3nN ナイロンロックナット (2個)

    • 電源ケーブルを正しく接続することは 非常に重要です。 組み立てを始める前には、必ずピンを確認してください。左の "GND" と書かれた端子には、黒い配線 が取り付けられなくてはなりません。

  3. 黒い配線を GND と書かれたピンの上に置きます。丸いコネクター を使っていることを確認してください。 丸いケーブルのコネクターの上に、ワッシャーを置きます。 M3x10 ネジを全ての部品を通すように押し込みます。
    • 黒い配線を GND と書かれたピンの上に置きます。丸いコネクター を使っていることを確認してください。

    • 丸いケーブルのコネクターの上に、ワッシャーを置きます。

    • M3x10 ネジを全ての部品を通すように押し込みます。

    • ネジを押さえ、ヒートベッドを慎重に裏返します。

    • M3nN ナットを M3 ネジの上に置き、少しだけ締めこみます。

    • ヒートベッドを裏返し、ラジオペンチや六角レンチを使って、ネジを締めこみます。ケーブルの位置を次のステップで調整するため、ネジをあまり強く締めこまないようにしてください。

    • 2本目 の配線 (赤色) にもこの手順を繰り返します。

  4. 先に進む前に、ケーブルがヒートベッドに正しく接続されていることを確認してください。 黒い 配線は "GND" に接続されていなくてはなりません。 赤い 配線は "VCC" に接続されていなくてはなりません。
    • 先に進む前に、ケーブルがヒートベッドに正しく接続されていることを確認してください。

    • 黒い 配線は "GND" に接続されていなくてはなりません。

    • 赤い 配線は "VCC" に接続されていなくてはなりません。

    • 後ほどケーブルカバーを取り付ける際に接触してしまうため、コネクターを少しだけ近づける必要があります。それぞれのコネクターが接触しないように注意しながら、やさしく押し曲げます。

    • ヒートベッドのデザインは、写真と異なる可能性があります。

    • 六角レンチとラジオペンチを使って、それぞれのネジを締めこみます。

  5. 組み立てを続行する前に、まず袋の中からケーブルカバーを用意してください。 カバーには 2つのバージョンがあるのでよく見ながら進めてください。
    • 組み立てを続行する前に、まず袋の中からケーブルカバーを用意してください。 カバーには 2つのバージョンがあるのでよく見ながら進めてください。

    • 新しいデザイン には上部に円形の穴があります。 小さい部分には六角形の穴があります。 ステップ6に従ってください。

    • 古いデザインには上部に六角形の穴があります。 小さい部分には円形の穴があります。 ステップ14に従ってください。

  6. 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
    • 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。

    • ヒートベッド MK52 (1枚)

    • ケーブルスリーブ 5 x 300 mm (1本)

    • M3n ナット (2個)

    • M3nN ナイロックナット (1本) *

    • M3x10 ネジ (3本)

    • Heatbed-cable-cover (2個)

    • *ファスナー付きのバッグには、3つの M3nN ナイロックナット が含まれている必要があります。 不足している場合は、スペアバッグから使用してください。

  7. 小さい部品を取り、M3nナットを挿入します。
    • 小さい部品を取り、M3nナットを挿入します。

    • ナット を溝にはめ、反対側から ネジ で引き込む、"ネジ 引き技術" を使用します。

    • 後で使用するためにこの部分を残しておいてください (Step 10) 。

  8. 大きなヒートベッドケーブルカバーをヒートベッドの横に置きます。 穴を見ながら、ヒートベッドの穴と一致するようにしてください。 次に、カバーをヒートベッドに置いて位置を合わせます。 M3x10 を使用して、カバーに押し込みます。
    • 大きなヒートベッドケーブルカバーをヒートベッドの横に置きます。 穴を見ながら、ヒートベッドの穴と一致するようにしてください。

    • 次に、カバーをヒートベッドに置いて位置を合わせます。

    • M3x10 を使用して、カバーに押し込みます。

  9. 親指でネジを持ち、ヒートベッドを裏返します。
    • 親指でネジを持ち、ヒートベッドを裏返します。

    • M3nN ナイロンロックナット を使用して、ネジ を締めます。

    • ペンチを使ってナット挟み、六角レンチでネジをはめ込みます。

  10. 黒のサーミスターの配線は、張った状態にならないようにし、ヒートベッドの下で少したわみを持った状態となるようにしてください。こうすることで、プリント中のヒートベッドの動きによって、ケーブルが引っ張られ、ヒートベッドの中心から外れてしまうことを防ぐことができます。 ただし、つくった たわみ によって、配線が 数 mm 以上ぶら下がってしまう状態とならないようにしてください。この状態だと、配線がプリンターのフレームにこすりつけられるようになってしまい、故障の原因となります! ヒートベッドを上下逆さにして確認してみてください。 サーミスター の ケーブル を ヒートベッド の ヒーターケーブル の位置まで取り回し、数回巻き付けてください。(写真をご参照ください。)
    • 黒のサーミスターの配線は、張った状態にならないようにし、ヒートベッドの下で少したわみを持った状態となるようにしてください。こうすることで、プリント中のヒートベッドの動きによって、ケーブルが引っ張られ、ヒートベッドの中心から外れてしまうことを防ぐことができます。

    • ただし、つくった たわみ によって、配線が 数 mm 以上ぶら下がってしまう状態とならないようにしてください。この状態だと、配線がプリンターのフレームにこすりつけられるようになってしまい、故障の原因となります! ヒートベッドを上下逆さにして確認してみてください。

    • サーミスター の ケーブル を ヒートベッド の ヒーターケーブル の位置まで取り回し、数回巻き付けてください。(写真をご参照ください。)

  11. テキスタイルスリーブを使って、ヒートベッドから伸びているケーブルを巻いていきます。まずは、ヒートベッドカバーの後の 数センチメートル のところに巻き付けます。 少し巻き付けたら、ヒートベッドカバー の中に差し込みます。最低でも 5-6mm 差し込まれていることを確認してください。
    • テキスタイルスリーブを使って、ヒートベッドから伸びているケーブルを巻いていきます。まずは、ヒートベッドカバーの後の 数センチメートル のところに巻き付けます。

    • 少し巻き付けたら、ヒートベッドカバー の中に差し込みます。最低でも 5-6mm 差し込まれていることを確認してください。

    • スリーブを巻いていく前に、まずはスリーブをケーブルカバーに固定する必要があります。次のステップへ進んでください。

  12. 前に用意した小さなカバーを、写真のように置きます。 サーミスターのケーブルが、プリント部品の中心にある切り欠きを通っていることを確認してください!!! 正しく取り付けられていない場合、ケーブルを潰してしまい、断線させてしまう可能性があります!!! カバーを持ち、ヒートベッドを裏返します。 2本 の M3x10 ネジ を挿入し締め、注意しながら両方のネジを均等に締め込んでいきます。
    • 前に用意した小さなカバーを、写真のように置きます。

    • サーミスターのケーブルが、プリント部品の中心にある切り欠きを通っていることを確認してください!!! 正しく取り付けられていない場合、ケーブルを潰してしまい、断線させてしまう可能性があります!!!

    • カバーを持ち、ヒートベッドを裏返します。 2本 の M3x10 ネジ を挿入し締め、注意しながら両方のネジを均等に締め込んでいきます。

    • 片方のネジを完全に締めこんでから、もう片方を締めこむ、というような締めこみ方は しないでください! (2枚目の写真をご参照ください。)

    • 正しく締めこまれたカバーは、3枚目 の写真のようになります。

  13. ケーブルをスリーブで巻いていきます。
    • ケーブルをスリーブで巻いていきます。

    • 巻き終わったら、スリーブを少しだけひねってください。(中のケーブルはひねりません。) こうすることで、スリーブがケーブルの束全体に巻き付くようになります。

    • ステップ21にスキップし進めます。

  14. 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
    • 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。

    • ヒートベッド MK52 (1枚)

    • ケーブルスリーブ 5 x 300 mm (1本)

    • M3n ナット (3個)

    • M3x10 ネジ (3本)

    • Heatbed-cable-cover (2個)

  15. M3n ナット をプリント部品に差し込みます。 もし M3n ナットが入らなくても、力をかけて押し込まないようにご注意ください。この場合には、M3 ネジを使って、プリント部品の反対側からねじこんでみてください。ネジを締めるにしたがって、ナットが入っていきます。締めつける際には、プリント部品を壊してしまうことのないよう、充分に気を付けながら作業を行ってください。 電源ケーブルが (半田付けではなく) ネジによって固定されてたり、heatbed-cable-cover の形状が写真と若干異なる場合でも、以下の組み立て方法は変わりません。
    • M3n ナット をプリント部品に差し込みます。

    • もし M3n ナットが入らなくても、力をかけて押し込まないようにご注意ください。この場合には、M3 ネジを使って、プリント部品の反対側からねじこんでみてください。ネジを締めるにしたがって、ナットが入っていきます。締めつける際には、プリント部品を壊してしまうことのないよう、充分に気を付けながら作業を行ってください。

    • 電源ケーブルが (半田付けではなく) ネジによって固定されてたり、heatbed-cable-cover の形状が写真と若干異なる場合でも、以下の組み立て方法は変わりません。

  16. ヒートベッドケーブルカバー を ヒートベッド に置き、半田付けされているケーブル や LED が保護されるようにします。 M3x10 ネジ と 六角レンチ を使って、ヒートベッド に カバー を固定します。ヒートベッドの配線を潰してしまったり、断線させてしまったりしないよう、充分に気を付けて固定してください!
    • ヒートベッドケーブルカバー を ヒートベッド に置き、半田付けされているケーブル や LED が保護されるようにします。

    • M3x10 ネジ と 六角レンチ を使って、ヒートベッド に カバー を固定します。ヒートベッドの配線を潰してしまったり、断線させてしまったりしないよう、充分に気を付けて固定してください!

  17. 黒/白のサーミスターの配線は、張った状態にならないようにし、ヒートベッドの下で少したわみを持った状態となるようにしてください。こうすることで、プリント中のヒートベッドの動きによって、ケーブルが引っ張られ、ヒートベッドの中心から外れてしまうことを防ぐことができます。 ただし、つくった たわみ によって、配線が 数 mm 以上ぶら下がってしまう状態とならないようにしてください。この状態だと、配線がプリンターのフレームにこすりつけられるようになってしまい、故障の原因となります! ヒートベッドを上下逆さにして確認してみてください。 サーミスター の ケーブル を ヒートベッド の ヒーターケーブル の位置まで取り回し、数回巻き付けてください。(写真をご参照ください。)
    • 黒/白のサーミスターの配線は、張った状態にならないようにし、ヒートベッドの下で少したわみを持った状態となるようにしてください。こうすることで、プリント中のヒートベッドの動きによって、ケーブルが引っ張られ、ヒートベッドの中心から外れてしまうことを防ぐことができます。

    • ただし、つくった たわみ によって、配線が 数 mm 以上ぶら下がってしまう状態とならないようにしてください。この状態だと、配線がプリンターのフレームにこすりつけられるようになってしまい、故障の原因となります! ヒートベッドを上下逆さにして確認してみてください。

    • サーミスター の ケーブル を ヒートベッド の ヒーターケーブル の位置まで取り回し、数回巻き付けてください。(写真をご参照ください。)

    • サーミスター の ケーブル は、黒色や白色のものが用いられています。これらの機能は全く同じです。

  18. ケーブルスリーブ を使って、ヒートベッドから伸びているケーブルを巻いていきます。まずは、ヒートベッドカバーの後の 数センチメートル のところに巻き付けます。 少し巻き付けたら、ヒートベッドカバー の中に差し込みます。最低でも 5-6mm 差し込まれていることを確認してください。
    • ケーブルスリーブ を使って、ヒートベッドから伸びているケーブルを巻いていきます。まずは、ヒートベッドカバーの後の 数センチメートル のところに巻き付けます。

    • 少し巻き付けたら、ヒートベッドカバー の中に差し込みます。最低でも 5-6mm 差し込まれていることを確認してください。

    • スリーブを巻いていく前に、まずはスリーブをケーブルカバーに固定する必要があります。次のステップへ進んでください。

  19. カバーのもう1つの部品を、ケーブルスリーブの上に置きます。 サーミスターのケーブルが、プリント部品の中心にある切り欠きを通っていることを確認してください!!! 正しく取り付けられていない場合、ケーブルを潰してしまい、断線させてしまう可能性があります!!! 2本 の M3x10 ネジ を差し込み、締めこみます。この作業は慎重に行い、それぞれのネジは均等に締めこんでください。
    • カバーのもう1つの部品を、ケーブルスリーブの上に置きます。

    • サーミスターのケーブルが、プリント部品の中心にある切り欠きを通っていることを確認してください!!! 正しく取り付けられていない場合、ケーブルを潰してしまい、断線させてしまう可能性があります!!!

    • 2本 の M3x10 ネジ を差し込み、締めこみます。この作業は慎重に行い、それぞれのネジは均等に締めこんでください。

    • 片方のネジを完全に締めこんでから、もう片方を締めこむ、というような締めこみ方は しないでください! (2枚目の写真をご参照ください。)

    • 正しく締めこまれたカバーは、3枚目 の写真のようになります。

  20. ケーブルをスリーブで巻いていきます。
    • ケーブルをスリーブで巻いていきます。

    • 巻き終わったら、スリーブを少しだけひねってください。(中のケーブルはひねりません。) こうすることで、スリーブがケーブルの束全体に巻き付くようになります。

  21. 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
    • 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。

    • M3x14b ネジ (9本) / M3x12b ネジ (9本)

    • 製造工程の変更により、あなたのキットには 14mm ネジ ではなく、12mm ネジ が同梱されていることがあります。機能には全く変更は行われていません。

    • 6x6x3t スペーサー (9個)

  22. Y キャリッジ を フロントプレート まで移動し、ヒートベッドを後側に置きます。 Y キャリッジ の中心に設けられている穴を探します。 穴の上に、スペーサーを設置します。
    • Y キャリッジ を フロントプレート まで移動し、ヒートベッドを後側に置きます。

    • Y キャリッジ の中心に設けられている穴を探します。

    • 穴の上に、スペーサーを設置します。

    • スペーサーの正確な位置は、次のステップで調整します。

  23. ヒートベッドの中心の穴に、六角レンチ を通したまま、ヒートベッドをスペーサーの上に置きます。六角レンチを使って、全ての部品の位置を調整します。 調整ができたら、六角レンチを取り外し、M3x12b (14b) ネジ を代わりに差し込みます。 ネジを少しだけ締めこみます。
    • ヒートベッドの中心の穴に、六角レンチ を通したまま、ヒートベッドをスペーサーの上に置きます。六角レンチを使って、全ての部品の位置を調整します。

    • 調整ができたら、六角レンチを取り外し、M3x12b (14b) ネジ を代わりに差し込みます。

    • ネジを少しだけ締めこみます。

  24. ヒートベッドの右側に移ります。 ラジオペンチを使って、スペーサーを置きます。 ラジオペンチを、ヒートベッド と Y キャリッジ の間に押し込みます。
    • ヒートベッドの右側に移ります。

    • ラジオペンチを使って、スペーサーを置きます。

    • ラジオペンチを、ヒートベッド と Y キャリッジ の間に押し込みます。

    • 六角レンチを使って、スペーサーの位置を調整します。

    • 調整ができたら、六角レンチを取り外し、ネジを差し込み、少しだけ締めこみます。

  25. ラジオペンチを使いながら、スペーサーとネジを残りの穴にも差し込んでいきます。ネジは完全には 締めこまないでください。 全てのネジを取り付けることができたら、以下の順番で締めこんでいきます。
    • ラジオペンチを使いながら、スペーサーとネジを残りの穴にも差し込んでいきます。ネジは完全には 締めこまないでください。

    • 全てのネジを取り付けることができたら、以下の順番で締めこんでいきます。

    • 中心のネジ

    • 最初の 4本 のネジ

    • 最後の 4本 のネジ (四隅)

  26. この確認は、古いデザイン (ネジが上向き) でのみ必要になってきます。
    • この確認は、古いデザイン (ネジが上向き) でのみ必要になってきます。

    • ホットエンドからのケーブルが、ヒートベッドに接触していないことを確認しましょう。

    • ネジ付きロッドを (反時計回りに) 同時に回転させ、ノズルがヒートベッドにほぼ接触するまで手動で X軸を下げます。

    • P.I.N.D.A. センサーがノズルより先にベッドに触れる場合、P.I.N.D.A. センサーを少し上に動かします。

    • ヒートベッド の ネジ と ホットエンドケーブル の表面の間に隙間があることを確認してください。 隙間は 2〜3mmで、スチールシート を装着するとさらに 1mm が加わります。

    • ケーブル が ネジ をこすっている場合は、エクストルーダー を上げて調整します

    • ケーブルを調整できない場合は、M3×10 ネジ を緩め、予備の M3n ナット を使用してネジ山の長さを短くします。 その後、ネジを元に戻します。

  27. 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。 24V 電源 (1個)
    • 以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。

    • 24V 電源 (1個)

    • Power panic cable (1本)

    • 電源ケーブル (2本)

    • ナベ頭 M4x10r ネジ (2本)

    • M3x10 ネジ (2本)

    • 電源ユニットは、世界中で使用できる設計になっており、それぞれの国に合わせて、自動的に調整されるようになっています。

  28. プリンターの背面を手前に向け、電源ユニットホルダーにM3×10 ネジ を挿入します。 3-4回 まわすことで 電源ユニット は十分固定されます。 電源ユニット を持って ネジ の上に置きます。 電源ユニットホルダー の幅を調整してください。 電源ユニット を ネジ でスライドさせて締めますが、完全には締めこまないでください。 次のステップで位置を調整する必要があります。
    • プリンターの背面を手前に向け、電源ユニットホルダーにM3×10 ネジ を挿入します。 3-4回 まわすことで 電源ユニット は十分固定されます。

    • 電源ユニット を持って ネジ の上に置きます。 電源ユニットホルダー の幅を調整してください。

    • 電源ユニット を ネジ でスライドさせて締めますが、完全には締めこまないでください。 次のステップで位置を調整する必要があります。

    • 電源ユニット が上下にスライドできることを確認してください。

    • 電源ユニット は ネジ によって「垂直」に保たれています。

  29. フレームを変形させてしまうリスクがあるため、必ず手順に従って進めてください。 フレームの両方の穴に M4 ネジ を差し込みます。 電源ユニット の位置を調整します。電源ユニット のカバーには穴があり、その穴がフレームにある穴と一直線になるように固定します。電源ユニット が必要以上に下がっている場合は、少し上にあげてください。
    • フレームを変形させてしまうリスクがあるため、必ず手順に従って進めてください

    • フレームの両方の穴に M4 ネジ を差し込みます。

    • 電源ユニット の位置を調整します。電源ユニット のカバーには穴があり、その穴がフレームにある穴と一直線になるように固定します。電源ユニット が必要以上に下がっている場合は、少し上にあげてください。

    • M4ネジを締めますが、完全には締めこまないでください。次の手順に従ってください。

    • M4 ネジ を締めこむ前に、電源ユニット が アルミニウム押出材 と 垂直フレーム に直接接触していることを確認してください。

    • 正しく設置できれば、M4 ネジ を締めこみます。

    • 電源ユニット と 押出材 を固定する M3 ネジ を締めこみます。

  30. 警告: ケーブルが正しく接続されているか数回確認してください!!! ケーブルが正しく接続されていなかったり、正しく締め付けられていない場合、電源ユニット またはプリンター自体を損傷する恐れがあります。
    • 警告: ケーブルが正しく接続されているか数回確認してください!!! ケーブルが正しく接続されていなかったり、正しく締め付けられていない場合、電源ユニット またはプリンター自体を損傷する恐れがあります。

    • ケーブルコネクターの曲がった部分が常に上を向くようにし、青いカバーのある面を使います。 これらの コネクター は少し幅が広く、EINSY ボード には収まりません。

    • 電源ユニットの極性は以下の通りです:

    • プラス

    • プラス

    • マイナス

    • マイナス

    • ケーブルを接続するときは、この点に注意してください! 次のステップでは、ケーブルの正しい配線について説明しています。

  31. 左から1番目(プラス)スロットの ネジ を外します。 1本目 の 電源ケーブル を取り、 赤い配線を、最後までスライドさせます。スチールワッシャー が「フォーク」コネクター の上にあることを確認します。 ネジをしっかりと締めてください。ただし、部品の一部は プラスチックでできているため、壊さないように注意してください。
    • 左から1番目(プラス)スロットの ネジ を外します。

    • 1本目 の 電源ケーブル を取り、 赤い配線を、最後までスライドさせます。スチールワッシャー が「フォーク」コネクター の上にあることを確認します。

    • ネジをしっかりと締めてください。ただし、部品の一部は プラスチックでできているため、壊さないように注意してください。

    • 左から3番目(マイナス)スロットの ネジ を外します。

    • 同じケーブルを取り、「黒い」配線を選択し、最後までスライドさせます。スチールワッシャーが「フォーク」コネクターの上にあることを確認します。

    • ネジをしっかりと締めてください。ただし、部品の一部は プラスチックでできているため、壊さないように注意してください。

    • もう一度接続を確認してください! 赤い配線 が最初のスロットに、黒い配線 が 3番目 のスロットにあります。

  32. 左から2番目(プラス)スロットの ネジ を外します。 2本目のケーブルを取り、赤い配線を選択し、最後までスライドさせます。スチールワッシャーが "フォーク " コネクターの上にあることを確認します。 ネジをしっかりと締めてください。ただし、部品の一部は プラスチックでできているため、壊さないように注意してください。
    • 左から2番目(プラス)スロットの ネジ を外します。

    • 2本目のケーブルを取り、赤い配線を選択し、最後までスライドさせます。スチールワッシャーが "フォーク " コネクターの上にあることを確認します。

    • ネジをしっかりと締めてください。ただし、部品の一部は プラスチックでできているため、壊さないように注意してください。

    • 左から4番目(マイナス)スロットの ネジ を外します。

    • もう1本 の 電源ケーブル を取り、 黒い配線を、最後までスライドさせます。スチールワッシャー が「フォーク」コネクター の上にあることを確認します。

    • ネジ をしっかりと締めこみます。部品の一部はプラスチックでできているので破損しないように注意してください。

    • もう一度接続を確認してください! 赤い配線 が 2番目のスロットに、黒い配線 が 4番目 のスロットにあります。

  33. パワーパニックケーブル を 電源ユニット に接続します。ケーブル の両端は同じなので、どちらでも使用できます。 パワーパニックケーブル をゆっくり曲げて、電源ケーブル の近くに置きます。ボード から コネクター 全体が外れてしまうことがあるので注意してください。また、プリンター が完全に組み立てられるまで、ケーブルを引っ張らないでください。
    • パワーパニックケーブル を 電源ユニット に接続します。ケーブル の両端は同じなので、どちらでも使用できます。

    • パワーパニックケーブル をゆっくり曲げて、電源ケーブル の近くに置きます。ボード から コネクター 全体が外れてしまうことがあるので注意してください。また、プリンター が完全に組み立てられるまで、ケーブルを引っ張らないでください

    • ケーブルをプリンターの反対側にもっていき、後ほどフレームに設置します。

    • 電源ユニットにカバーをつけずに、次の章まで待ってください。

  34. 少しずつ難しくなっています。10 % のグミを食べてリフレッシュし、次のステップに進みましょう。
    • 少しずつ難しくなっています。10 % のグミを食べてリフレッシュし、次のステップに進みましょう。

  35. 完成までもう少しです! 残り 1章で組み立ては完成です! 
    • 完成までもう少しです! 残り 1章で組み立ては完成です! 

    • 組み立てたフレームを確認して、写真と比較してみてください。

    • スチールシートはまだヒートベッドに置かないでください。 キャリブレーションウィザードによって指示があるまで、スチールシートは取り外しておきます。

    • 最後の章への準備はできていますか?8. 電子部品の組み立て

Finish Line

3 other people completed this guide.

Dozuki System

Member since: 09/24/2009

726 Guides authored

0 Comments

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 1

Past 7 Days: 2

Past 30 Days: 19

All Time: 235